衝撃事実!コーヒーがギャンブルに役立つ理由とは?

ギャンブルの世界は、競争心に溢れた人々がひしめいています。一方が他方を圧倒しようとし、またある人はお金を勝ち取るためなら何でもします。人間というのは、競争本能が働くと、優位に立つための方法を常に探し続けるようになります。聞いた話によると、コロンビアのギャンブラーたちは、大のコーヒー好きで、カジノでプレイする際も、より集中するためにカフェインを摂取しているそうです。

多くの人が、ギャンブル中にコーヒーを飲むと集中力が高まり、眠くならず、判断力が上がると主張しています。

そこで、この記事では、ギャンブル中にコーヒーを飲むことが、賞金を勝ち取るためにどう役立つかについてご紹介します。そして、その理由を解説するために、なぜコロンビア人ギャンブラーなのかということについてもお話ししようと思います。

認知機能に対するカフェインの効果

カフェインは、減量の促進効果、必須栄養素(ビタミンB2、B3、B5、マンガン、マグネシウム、カリウム)、病気(2型糖尿病、アルツハイマー病、認知症、パーキンソン病)のリスクを減らす可能性、うつ病への耐性、長生きする効果など、多くの利点を持っています。

それに加え、カフェインは認知的な利点をもたらすこともわかっています。ギャンブル中にコーヒーを飲むと、勝つ確率が上がるのはこのためです。脳の機能へのカフェインの効果に関する研究結果は、以下のとおりです。

鋭敏さを向上させる:コーヒーは、注意力や精神的敏捷性、そして推論の速度を高めることがわかっています。例えば、ゲームをプレイする時には、運だけに頼るのではなく、戦略を用いますよね。コーヒーを摂取すると、いつ最小・最大の賭けをするか、いつストップするか、ボーナスゲームをいかに賢くプレイするかなど、多くの戦略にひらめきやすくなるのです。

脳機能全般を向上させる:これはギャンブルだけでなく、職場や学校でも通用することです。カフェインは、脳のアデノシン受容体に直接作用し、結果として、脳の全般機能が向上します。また、抗酸化物質であるポリフェノールが思考力を高め、メンタルの悪化を遅らせる効果もあります。

では、これは、カジノゲームのプレイに対してどのような役割を果たすのでしょうか?脳機能が向上すれば、スロットマシンやその他のオンラインゲームを疲れることなく、長時間プレイすることができるようになります。さらには、判断力も高まります。ギャンブルでは、感情に振り回されてしまうと、大きな失敗を犯してしまうかもしれませんので、心よりも頭を使ってプレイするべきだからこそです。

記憶力を向上させる:カフェインは、短期記憶と長期記憶の両方を向上させることがわかっています。スロットマシンやポーカーから、スポーツベッティングまで、カジノゲームにおいては、高い記憶力は最大の武器となります。例えば、NBAのスポーツベッティングでは、選手の怪我の有無、統計、前の試合のオッズを思い出すために記憶力が役立ちます。ギャンブルは「運ゲーム」ではなく、戦略ゲームであることを忘れないようにしましょう。

オンラインのカジノゲームを長時間プレイすると、当然疲れてしまいます。パソコンの前に長時間座っている時などは尚更です。画面のブルーライトが目を疲れさせ、プレイ中の判断に影響を及ぼします。そのために、プレイ中にコーヒーを飲み続けるのが習慣となっています。これで勝率が上がるというのは事実なのです!